梅雨明けしました

長野県も梅雨明けし、急に暑さが厳しくなってきました。
暑い中でも、毎日農作業が行われています。

こちらは、クッキングトマトの誘引の作業中。
IMG_6536

トマトの主茎が上に伸びていくように、網に固定する作業です。
クッキングトマトは、水分が少なくリコピンが多いので赤みが強く、加熱後も美味しそうに赤みを保ち、栄養価も高いという利点があります。

ぶどうの誘引

現在のぶどうの様子。
海ぶどうのような小さなツブツブになっています。
IMG_2041

ぶどう畑では「誘引」の作業中でした。
IMG_2034
大きなホチキスのような「テープナー」という道具を使い、ぶどうの棚線に新梢をとめて行く作業です。
新梢が風で折れたり、新梢どうしが重ならないように固定しています。

現在のぶどう畑は、まさに猫の手も借りたいほど、様々な作業に追われているようです。

りんごの摘果作業

須坂市内のりんご畑で、りんごの摘果作業を体験させていただきました。

りんごの小さな実が付き始める頃、丈夫で形が良く軸の太いものを残し、他の実は摘み取ってしまう作業のことを摘果といいます。
IMG_1857

IMG_1933
このように、親指・人差し指・中指の3本で実を持ち、折るようにして実を取ります。
初めは少し難しいですが、慣れてくると面白い!

このような作業を、農家の皆さんは毎日手作業で行っています。
IMG_1928

私の畑クラブの野菜が芽吹き始めました

「私の畑」の現在の様子です。
IMG_1529

こちらの畝には、キャベツ、スティックセニョール、芽キャベツ、レタスが植えられています。
高畝にしてあるのと、一株ごとにレタスを植えてあるのは、虫除け効果のためだそうです。

IMG_1531

いよいよ、様々な野菜が芽吹いてきました。

ナシヒメコン

まだ花盛りのりんご畑。
りんごの木に気になるものを見つけました。
0509_01
赤い紐のようなものがいくつか付いているのが分かりますか?
0509_02
これは、「ナシヒメコン」というものだそうです。

ナシヒメコンは、越冬害虫の交尾を連続的に阻害し、害虫の発生を抑制するもの。
この紐のようなものを付けるだけで、殺虫剤散布の回数が減り、作物にも作業者にも安全なものだそうです。

安心安全、美味しいりんごが実るように、須坂の畑ではナシヒメコンが活躍しています!

ぶどう畑の剪定作業

毎日さむーい信州須坂。
この寒い中、ぶどう畑では剪定(せんてい)作業が行われています。

剪定

剪定作業とは、ぶどうの枝を切る作業。
春になると、切ったところから枝が伸び、実がつきます。
美味しいぶどうを作るための大切な作業。

気温は0度。とても寒い中での作業ですので完全防寒で!
お邪魔したぶどう園では、この作業が約2ヶ月間続くそうです。

美味しいぶどう作りのため、農家の皆さんは大変な作業をされているのですね。