平和の花「カンナ」

須坂市内の至る所に、真っ赤なカンナの花が咲いています。
IMG_6556
鮮やかな赤色で、夏にピッタリの花です。
カンナは、平和の花。

1945年8月6日、世界で始めて核爆弾が広島に落とされました。一瞬で13万とも17万とも言われる命が奪われ、瓦礫の焦土と化した大地には75年は花は咲かないだろうといわれていました。ところが、その焦土にたったひと月余りで咲いた花がありました。真っ赤なカンナの花です。放射能にも負けずにわずかひと月で芽を出し咲かせた花カンナ。しかも爆心地から860m(820m説もあり)というところに咲いたのです。

須坂でも元気にカンナが咲いています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です